インターネット電報 D-MAIL

>ページトップへ戻る

冠婚葬祭マナー集

結婚式(祝福する側)

招待状が届いたら

結婚式に招かれるのは光栄なこと。招待状が届いたら、電話だけですますのではなく、招待状に添えられたはがきを1週間以内に返信します。

返信用はがきの書き方は下の図のとおりです。欠席の場合は理由とお詫びを書きますが、弔事や病気による場合は、お祝いごとに水をささないためにも「やむを得ない事情で」といった表現にとどめておきます。

返信はがきの書き方 出席の場合 欠席の場合
宛て名の「行」を二本線で消して「様」に書き直す 御出席の「御」を消し、「出席」を丸で囲む。
その下に「ご結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」などのメッセージを書く。
「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を消す。
御欠席の「御」を消し、「欠席」を丸で囲む。その下の方に「ご結婚おめでとうございます」「当日はあいにくやむをえない用事がございますので残念ですが欠席させていただきます」「お幸せをお祈りしております」などとメッセージを書く。「御出席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を消す。

「出席」と返事したにもかかわらず、欠席しなければならなくなったときはすぐに電話を入れましょう。この場合、勝手に代理人を立てるのではなく、判断は先方に任せます。

なお、欠席の場合、披露宴会場に祝電を打ち、祝う気持ちを伝えましょう。

結婚祝いの贈り方

披露宴に出席する場合、ご祝儀の目安は「披露宴会場の料理の金額に見合う額に」と言われています。親類なら3万円か5万円、職場の上司3万円、職場の同僚・友人・知人なら2万円か3万円が相場。

なお、会費制の場合、ご祝儀は不要です。品物で贈る場合は、遅くとも挙式の1週間前までには届けるのがエチケット。品物を式場へ持って行くのはタブーです。ただしお金と品物にする場合、お金をご祝儀として当日持参するのはOKです。

結婚式や披露宴に出席しない場合のご祝儀は、職場の同僚で3,000円か5,000円か1万円、知人・友人なら5,000円か1万円が相場。親しい間柄なら先方の意向を聞いて新生活に必要なものをプレゼントするといいでしょう。

招待されたときの服装

新郎新婦をともに祝う気持ちを服装で表し、失礼かつ華美になり過ぎないようにすることが大切です。

女性の場合、洋装なら花嫁の色である純白や仏事を思わせる黒一色の服、胸元や背中が大きく開いた服、奇抜だったり個性的過ぎる服は避けましょう。昼間の披露宴では上品なスーツやワンピースを。ラメなど光りものは避け、アクセサリーはあまり光らないパールなどを身につけます。夜の披露宴では光沢のある素材のドレスや光るアクセサリーもOK。適度に腕や肩、背中を出してもかまいません。和装の場合は、新郎新婦の親類なら黒留袖や色留袖を。友人・知人ならミス・ミセスともに、昼夜を問わず着られる訪問着が便利です。

男性の装いは、黒の礼服に白い慶事用ネクタイが一般的です。

結婚祝いの電報

お祝い電報は、披露宴に欠席した場合や仕事との関係等でおくります。期日指定で早目に披露宴会場気付で出しておきましょう。電報台紙には豪華な装丁のものもあります。送る人の気持ちを電文や電報台紙に反映させましょう。

文章例
一般

華燭の盛典を祝し、お二人に幸多からんことをお祈りいたします。
ご結婚おめでとうございます。新生活の門出を心からお慶び申し上げます。

友人・知人

ご結婚おめでとうございます。この日の感激をいつまでも忘れず、長い人生をともに助け合って、楽しい家庭を築いてください。

職場の同僚

ご結婚おめでとうございます。これからは家庭と仕事、ともに頑張ってください。私たちも応援します。