インターネット電報 D-MAIL

>ページトップへ戻る

冠婚葬祭マナー集

結婚式(開催する側)

結婚のお祝いをしてくれた方には、御礼や感謝の気持ちを込めてお返しをするのが礼儀です。披露宴に出席してくださった方には、引き出物やお料理でのおもてなしがありますが、欠席または招待できなかった方にも、内祝いを忘れないようにしましょう。式後には結婚通知を送ることも大切です。

結婚内祝い

結婚祝いを頂いたのに披露宴に招待できなかった方や、出席できなかった方への御礼を、内祝いといいます。一般的には式後、または入籍後1か月以内に贈りますが、早い方がよいでしょう。あまり高価すぎるものはかえって失礼になる場合があるので、贈られた品物の半額を目安にしましょう。また引き出物と同じものをお送りする場合もあります。直接ご自宅を伺って挨拶するのが本来の礼儀ですが、どうしても難しい場合は結婚の挨拶状と一緒に送りしましょう。

ところで、内祝いの本来の意味は、祝宴に招いたり記念品を贈るなど「身内にお祝い事があった際に、皆と喜びを分かち合う」というものでした。今のようなお返しという意味ではなかったようです。

結婚通知

式の参加や祝電の御礼だけでなく結婚したことの報告もかねて、式後1か月以内には送るようにしましょう。参加頂いた方、お祝い品を頂いた方、また参加できなかった方、それぞれに心のこもった文章をしたためましょう。新居の連絡先などもこの際に一緒に通知します。

新婚旅行のお土産

新婚旅行先からのお便りやお土産も、お世話になった方への御礼として忘れずに。旅行に出かける際は、住所録やお土産購入者リストを用意するとよいでしょう。

結婚式のお礼の電報

電報台紙にはかわいらしい人気キャラクターや豪華な装飾のもの、フラワー電報などもあります。ふたりの結婚をお祝いしてくれた方の御礼は、やはり幸せなふたりの様子を伝えることが一番ではないでしょうか。

文章例
一般

私達の門出に際し、お祝いをいただきありがとうございました。二人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきたいと考えております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

参加できなかった方へ

心温まるお祝いの品をありがとうございました。これから二人で力を合わせて頑張っていきます。新居にも是非遊びにいらしてください。