インターネット電報 D-MAIL

>ページトップへ戻る

冠婚葬祭マナー集

法要

法事ともいわれ、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために供養・回向を行う仏教式の儀式のことです。死亡した日を1日目と数えて、7日経つごとに7度行われますが、現在ではそれを省き、忌明けの七七日法要(四十九日)を行うことが多くなっています。

神式では霊前祭、もしくは霊祭が行われます。葬儀翌日には翌日祭を、以降は死後十日ごとに二十日祭、三十日祭、四十日祭と続き、五十日祭で、仏教で言う忌明けと同じになります。百日祭のあとは、一年祭から五年祭までの式年祭と、十年祭から五十年祭までが十年ごとに行われ、百年祭となります。

キリスト教式にはカトリックとプロテスタントで違いがあります。カトリック式では、死亡した日から3日目、7日目、30日目、1年目などに追悼ミサを行います。プロテスタント式では、死亡した日から1週間、または10日目、1か月目の命日と、以降一年目、三年目、五年目に記念式を行います。

そのほか、宗教・宗派によって故人の供養は様々です。招かれる際は、確認をしておくと確実でしょう。

法要の意味

仏教では死後7週間、死者の霊は現世とあの世の間をさまよっているといわれます。四十九日に最後の審判が下されますが、その間、7日ごとに供養することで、死者がよい裁きを受け、極楽浄土にいけるようにとの祈りを込めているのです。

法要には…

死後七日

初七日
近親者、友人、知人を招き供養します。最近では遺骨迎えの法要と一緒に行われることも多いようです(付け七日)。

死後四十九日

七七日法要
忌明けの大切な法要です。五七日として三十五日目に行われることもあります。近親者、知人を招き納骨を行います。

死後満一年

一周忌法要
年忌法要ともいい、寺や自宅を使い、近親者、知人を招いて盛大に行われます。供養の後は精進落としのために会食をします。

死後満2年〜26年

三回忌〜二十七回忌
三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌は、遺族だけで供養するのが一般的です。

死後32年

三十三回忌
一般では喪主最後の法要で、これをもって弔い上げ(満願)となります。五十回忌が行われることもあり、その後は50年ごとに行われます(百回忌)。

法要の服装

一周忌までは正式な喪服を着用しましょう。その後は、男性ならダークスーツ、女性なら地味なワンピースや控えめな色の和装などの平服や略式喪服で大丈夫です。派手なアクセサリーや化粧は避けましょう。

法要の電報

忌み言葉に気をつけ、故人をしのぶ言葉を添えてください。特に「返す返す」「くれぐれも」「ますます」「重ねて」などは不幸を繰り返すという意味から避けるべきです。

文章例
一般

3回忌の法要にあたり、故人の面影を偲びつつ、あらためてご冥福をお祈りいたします。

親類

○○様の初盆を迎えられて、悲しみを新たにされていることと思います。心よりお悔やみを申しあげますとともに、お子様のためにも元気を出されますよう願っております。